プロジェクトブログ

2011.10. 9
玄米の放射能測定

 

 

CIMG0547.JPG9月中旬から開始した「坪刈り」により集められた350圃場の玄米サンプリングの測定が始まりました。測定目標は圃場別の350検体で、開始から一週間が経ちました。周辺では秋晴れの下、コシヒカリの稲刈り作業が最盛期です。

今日現在で100検体を越え、ウクライナ基準の主食の20Bq を越えるものは出ておりません。

安心して食される米が生産され安心しております。

今後更に、玄米の管理体制の強化を図り、全て玄米の放射能測定値をデーター化し、精米ロットにリンクさせ、できる限りの方策をとり、安心できるお米の出荷に努めて参ります。

DSC_0027.JPG


▲ページのtopへ